2018年 5月 15日

  1. 読書

    夫の後始末

    85歳で、90歳になるご主人三浦朱門さんの在宅介護、そして看取りをした曽野綾子さんのエッセイです。淡々と書かれているので、壮絶とか悲壮とかはこの本か…

  1. 日記

    カードを断捨離、そしてプレゼント
  2. 日常生活

    病院をかけもちしてきました
  3. 母のこと

    一日中待っていた・・・激疲労
  4. 日常生活

    素敵なご婦人でした
  5. 日記

    浅草三社祭
PAGE TOP