母のこと

私は看護婦さん

今日は月に一度の、認知症外来の診察日

前回からの一ヶ月の間に、母の貧血がわかり、4回の輸血をし、回復をし、いろんなことがありました。
それを先生に話しておかなければ~~

昨年の貧血のいきさつもわかってくださっているので、びっくりなさっていたけどすんなり話が通りました。でもね、やっぱり原因がわからないのですっきりしないねぇと。

今日の母は、先生のおっしゃることには、聞こえてないのか脳にまで届いていないのか、適当だったりトンチンカンな返事をすることが多かったけど、いつもよりよくしゃべってたように思います。

数年前、認知症が発覚した時によく言ってた母のセリフが
「私は看護婦さんだったのよ」でした。

それは本当のことで、母は結婚するまで看護婦をしていました。結婚して退職し、その後しばらく専業主婦でした。私が高校の時に、復職し大学病院でバリバリやってたのを覚えています。しかしそれから5年ぐらいした時に、病院が移転し通勤が大変になったために辞職。それ以降は専業主婦で今に至る訳です。

ところが認知症になってからは、母の話が徐々に変わっていきました。
「私は、看護婦さんで仕事仕事の人生だったの」
「看護婦として定年まで勤めあげたの」
その話をしたら、周囲の人たちから一目置かれた・・という経験をしたことがあるのか、無意識にわかっているのか?
母の財布には、今も大学病院にいた頃の白衣姿の写真が入っています。

あげくのはてに「私が看護婦さんでずっと働いていたから、あなたをよそに預けて可哀そうなことをしたね」ということも。
は?????私、預けられたの????高校生、大学生だったけど???
もしかして私の方がおかしい?と思って、叔母に電話して聞いたぐらい(^^;

ここ最近、その話をしなくなったので、自分が看護婦だったことも忘れてしまったのかなぁと思っていました。
ところが~!今日、久しぶりに認知症の先生に母が話し始めたのでびっくりぽん!やっぱり輸血効果かな(^^;

よくわかんないけど、今日も無事に診察を終えて帰宅。ほっとしました~~♪

おまけ。真下からの東京スカイツリー(*^▽^*)

ランキングに参加しています。クリックで完了! 応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ     

★良かったら私のあみぐるみブログにも遊びに来てくださいね→マイパラあみぐるみライフ

コメント

    • manza59
    • 2018年 2月 24日

    こんばんは
    お母さまにとっては、とても大事な人生の歴史なんでしょうね。
    うちの母の大事な歴史は「徒競走の選手だった」ということです。「体が丈夫なのは運動していたからだ」と言って、顔見知りの人に出会うと運動を勧めています。そのうち話が徒競走の選手からマラソンの選手に変わるんですけどね。
    いったい何歳のころの話をしてるんだか、私にはさっぱり分かりませんが、、

    • チョコレーゼ
    • 2018年 2月 26日

    働いていた記憶
    自分が社会に出て頑張ってた記憶ってやっぱりいつまでも色褪せないのでしょうね~
    お母さまの看護婦さんだったっていうのは、胸をはって言いたい事なんですよね?
    うちの母は幼稚園の先生だったってよく言ってました(笑)
    何かこう、自慢したい事を言いたくなるのでしょうね。
    私も自分の子供に同じ様に昔はさ~なんて言ってるから
    同じだわー(笑)

    • けさら
    • 2018年 2月 26日

    Re:こんばんは
    manza59さんへ

    徒競走が得意でいらっしゃったんですね。人生で一番輝いていた頃の記憶はずっと残るものなんでしょう。
    ふと、私はなにがなんでものこるんだろうって考えてしまいました。なんにもなーい(^_^;)

    • けさら
    • 2018年 2月 26日

    Re:働いていた記憶
    チョコレーゼさんへ

    結婚してから母が働いたのは看護婦の5年間だけなのに、よほどその頃のことが記憶にあるんでしょうね。母のなかでは定年まで働きづめだったことになってるようなので、もうそれでいいかな?そういう大切な記憶が残ってるのは幸せなのかもっておもいました?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

カテゴリー

スポンサードリンク



  1. 日記

    ゴールデンウィーク
  2. 日常生活

    シャンシャンに会えました♪
  3. 日記

    両家顔合わせ食事会
  4. 日常生活

    またまた覚えてるうちに・・・の夢
  5. 読書

    我らがパラダイス-林真理子著
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。